お知らせ

第11回 埼玉住み心地の良いまち大賞 の表彰式が行われました

10月10日、さいたま市中央区で「第11回埼玉住み心地の良いまち大賞」(30の住宅関連会社・団体の協賛)の表彰式を行いました。

同賞は埼玉のより良いまちづくりの推進を目的に、絵や写真・地図などで描く作品を募集を行い
今回は過去最多の2706点の力作が寄せられ、64点・3団体を表彰しました。

人の絆を強くする祭りに目をつけて、白岡の小さなお祭りを通じてまちの良さを表現した点が高く評価され、県知事賞の皆川由樹さん(白岡市立菁莪中2年)は「毎年楽しみにしている地元のお祭りを、自分の目で見て感じたことを表現した。」と受賞の喜びを笑顔で語った。

主な受賞者は次の通りです。

【県知事賞】皆川由樹さん(白岡市立菁莪中2年)「白岡~伝統のある祭特集~」

【県教育長賞】平松功至さん(埼玉大学教育学部付属中2年)「国際色豊かな蕨市」

【協議会会長賞】浦田日和さん(埼玉県立伊奈学園中2年)「I love Miyashiro」

【審査委員長賞】岩橋美蓮さん(川ロ市立戸塚西中2年)「STOP 少子化!!子育てしやすい町-TOZUKA戸塚ー」

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る